情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

システムのセキュリティではICカード、ログインコード、パスワードなどから利用者のパソコンを特定できます。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

セキュリティにおいての個人管理

企業においてコンピューターシステムを外部からの不正から守ることは、年々重要度が高まっております。ネットワーク経由から侵入してくるウィルス、ハッカーについては、ファイアーウォール、ウィルスソフトの設定、ネットワーク監視などから、システム的に対応できます。サーバなどにログインしてデータをダウンロードするのは、外部からのネットワーク以外にもあるのです。

社員もパソコンからログインすることでサーバにアクセスできるのです。ちょっとしたITの技術があればデータはすぐに手に入れられるのです。そのため、ログインしている社員管理をしなくてはいけません。誰がログインしたのかは、社員にICカードを配布します。ICカードにはログインコードとパスワードをセットします。ログインコードとパスワードでコンピュータシステムにログインするのです。

ICカードは会社の各部屋の入退室管理にも利用できます。入退室システムのログを管理することで、だれがどの部屋に行ったのかを管理できます。さらに進化システムでは入退室管理システムを生態認証にすることでICカード自体の不正持ち出し、貸し出しを防止できるのです。システムのセキュリティは人間のアナログ的な部分をカバーすることが必要なのです。