情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

会社のネットワーク、システムに侵入するウィルスにはUSBを介するものもありますのでセキュリティ対応が必要です。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

ネットワーク以外に必要なセキュリティ

企業においてコンピュータのネットワーク、サーバ、パソコンを外部からの守るためには、ファイアーウォール、サーバ、パソコンでのウィルスチェックなどがあります。システム的に対応できるのですが、システムで対応の難しいセキュリティがあります。それが、個人で利用するUSB,ポータブルハードディスクなどの簡単に利用できるパソコンの周辺機器です。

USBなどは、会社で作成した資料を自宅でも利用するために持ち出す記憶媒体として利用するのですが、自宅のパソコンがウィルスでやられていると、USBを介して会社のパソコン、ネットワークにウィルスが侵入するのです。個人での記憶媒体の利用を制限する必要がありますが、USB自体に会社で利用できるものを制限することができるのです。USBを登録制にし、登録以外のものがパソコンに接続できないようにするのです。

USBメモリ自体も市販のものよりも少し高いですが、アンチウィルス機能、セキュリティ機能を持ったUSBもあります。紛失時のデータの漏洩を防ぐこともできるのです。USB自体にプログラムがありますので少し容量的に少なくなりますが、問題はないでしょう。USBを会社で利用するのであれば、コピー制御、パスワードロック、ウィルスチェックが必要となるのです。

近頃良く聞くセキュリティ関連のハナシは、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう☆