情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

セキュリティーシステムの中でも物理的な鍵の貸し出し管理が出来るセキュリティーシステムについて説明いたします

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

鍵管理のセキュリティーシステム

最新のセキュリティーシステムはノンタッチキーなどICチップが埋め込まれた非接触型のタイプが普及しております。しかし企業において重要資料を保管している部屋は今だに鍵で扉を開けて入室するという形式があるため、重要資料をたくさんもっている会社において全て非接触型のカードキーが使えるように工事を行うには相当の費用が発生してしまいます。このような問題を解決するために、複数の重要資料室の鍵を誰が持ち出して、いつ返却されたのかを自動的に記録する鍵管理システムというセキュリティシステムがあります。

重要な部屋の鍵の受け渡しを自動化することにより、会社における管理部門の労務負担と責任負担が軽減される仕組みとなっています。重要な鍵の管理は、貸し出しの頻度が高い場合に貸し出し間違いなども生じやすいですが、このシステムを採用することでそういったこともなくなります。利用者はICカードなどで、キーボックス自体の扉を開ける前に本人であることを照合し、許可された鍵だけを取り出し、返却することが出来るシステムになっており、その際に利用者の記録が自動的に付属されたパソコンなどに記録されるという仕組みです。パソコンの端末では常に誰が鍵を所有していて、いつ返却されたかなどのデータが常に閲覧でき、長時間鍵が借りられている場合は不適切と判断してアラートを出す機能も備わっています。

近頃良く聞くセキュリティ関連のハナシは、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう☆