情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

インターネットでのセキュリティ対策の関係での色々な手口をネットゲームなどのことから書いています。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

インターネットのセキュリティ対策と色々な手口

インターネットでのセキュリティ対策では、まずサイバー攻撃などの手口を知っておくと、その対策も立てやすくなります。例えばマンインザブラウザ攻撃という方法があり、ネットバンキングにユーザーがアクセスしてログインすると、進捗状況のようなバー表示が出てきて、読み込み中のような表示になります。その間に悪意ある第三者が裏でネットバンキングにアクセスしていて、最後に乱数表などの入力表示だけをさせて不正送金が完了するというような方法で、典型的な不正送金の手口になっています。またその他でもお金になる物を詐取するということでは、ネットゲームのアイテムや飛行機のマイレージポイントなどでも、換金できるので奪われることがあります。

ポイントなどは高額の場合もあり、とくに日本ではネットゲームでのフィッシングサイトの騙しの手口が多いのが特徴ということです。それだけ人気があり、騙しやすくお金になるという事ではないかと思いますが、その他では、パスワードなどの使い回しが全体のユーザーの9割以上が行っているということで、一度その情報を手に入れれば、他のサイトでも使える可能性があり、芋づる式に被害に遭うということもありえますので注意が必要になります。

近頃良く聞くセキュリティ関連のハナシは、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう☆