情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

パソコンを使う場合にはウイルス感染などのトラブルに巻き込まれるのを防ぐために、セキュリティの意識が必要です。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

パソコンを使うなら意識しておきたいセキュリティ

仕事で使われることの多いパソコンは、企業の重要なデータや顧客の個人情報を扱うことがよくあります。また個人でパソコンを使う場合にも、オンライン証券やネット銀行など、お金に関する重要なやり取りに用いられます。こうした状況に着目した悪意を持つ人たちは、コンピュータウイルスを呼ばれるものをばらまき始めました。これに感染するとパソコンが乗っ取られ、重要なデータ等を外部に発信してしまう恐れがあります。これを防ぐために求められているのが、セキュリティの考え方です。

パソコンを使うシーンにおいてセキュリティの考え方を取り入れることで、トラブルに巻き込まれたりデータ流出などの損害をこうむるリスクが減少します。特に最近のパソコンを使った作業というと、インターネットに接続して行うのが主流です。ここで何も考えずにパソコンを使っていると、ネットワークからワームやマルウェアを送り込まれ、トラブルが起こる確率が高まります。パソコンを使うのであれば常にセキュリティの意識を高めて、これらを防ぐ必要があるのです。

そのためにも欠かせないのが、ウイルス対策ソフトの導入です。これがあればネットワーク上のやり取りを監視し、不正なデータの侵入を防いでくれます。無料で提供されているものも多いので、まずはこれらのソフトの導入から始めるとよいでしょう。