情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

インターネットがより身近になった今、セキュリティに関して特に若い世代は危機感を持つべきである。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

近年の学ぶべきインターネットセキュリティに関して

近年、より若い世代が気軽にインターネットを使うようになった社会では、セキュリティに関する問題が深刻化しつつあります。最近話題になっている、テキストチャット系アプリのアカウント乗っ取りや、銀行のIDやパスワード入力画面が偽装されているのに気付かず、第三者に情報を奪われてしまうものなど、後をたちません。

そのような犯罪グループは、インターネットセキュリティの面を根本から知らない、あるいは軽く見ているような若い世代を狙っているように感じられます。SNS投稿サイトで、軽々しく人物写真を投稿するような人も増えてきていますが、それはプライバシー設定で管理していない限り、世界中の人が誰でも閲覧できるということを忘れてはなりません。SNS投稿サイトの投稿を分析するだけで、特定の人物の個人情報が大量に得られることを、多くの人々は気づいていないのです。

インターネット接続環境にも注意が必要です。日本でも街中に増加しつつある公共のフリーwifiスポットでの接続には、多くの場合鍵がかけられていません。だからこそ一般市民が誰でも接続できるという仕組みですが、言い換えると誰がどういうページを見ているか、わかりやすい環境でもあるということなのです。セキュリティのしっかりしていない接続環境で、クレジットカード番号を入力したり、銀行口座を開いたりすることは当然危険です。普段から情報化社会の怖さを意識した上で、安全なインターネットライフを楽しみたいものです。

近頃良く聞くセキュリティ関連のハナシは、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう☆