情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

子供、犬などに必要なセキュリティシステムは、外敵から守ることよりも居場所確認ができるシステムになるのです。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

いろいろなセキュリティシステム

セキュリティは、建物、コンピュータシステムだけではありません。人間にも必要なのです。人間でも弱者となる子供、老人に対してのセキュリティが必要なのです。老人、子供に対してのセキュリティシステムは外敵から守ることではなく、行動を監視、安否確認できるシステムが必要なのです。

地方では、子供の塾、習い事は親が車で送り迎えしたりするのですが、都市部のように車で行くと大変なところですと、子供が1人で地下鉄、電車などで塾、習い事に行くのです。そこでは、必ず定期券が利用されるのです。近年の定期券はIC型の非接触型です。どこからどこへ行ったのかがすぐにわかります。改札を通過したら自動的に保護者にメールが届くと、移動中の状態が管理できるのです。携帯のGPSでも位置をつかむことができますが、移動時間が長いと異常と判断できるのです。

近年のペットブームでは犬は家族同様になってきております。突然いなくなり、張り紙で探すなどをするケースもあるのです。犬にGPS発信機のような機器を首輪につけるのです。いつでもどこにいるのか居場所がわかります。そして、さらに同様なシステムとして車、バイクなど自分の大切な物にセキュリティシステムをつけるケースもあるのです。