情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

インターネットに触れる低年齢化が進む今、セキュリティなど情報化社会に関する教育が重要になってきている。

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

情報化社会におけるインターネットセキュリティ等の教育の重要性

近年の情報化社会において、セキュリティについてはインターネットを用いるうえで大変重要なもののひとつです。インターネットを始める年代はどんどん低年齢化してきているため、それに伴う情報化社会の教育がより急がれる時代となってきました。つい10年ほど前は、箱型のコンピュータがようやく社会的に浸透されてきたころ。中学や高校に進学してから始めてパソコンに触れるという子どもたちも少なくありませんでした。

しかし近年では一家に一台、もしくはそれ以上のパソコンがあるのは当たり前の時代。幼少期のころから親のスマートフォンをいじるということも珍しくなくなってきています。それほど、生活の一部として浸透してきたインターネットですが、だからこそセキュリティにはより注意が必要だと思います。満足に教育のされないまま、インターネット社会に飛び込むのは危険です。

学校のカリキュラムの中で、情報化社会のための教育課程が不十分であるところもあるでしょう。そのような場合、家庭での教育が重要となってきます。情報化社会の中で成長するには、自力でインターネット犯罪から自分自身を護れるように育てなければいけません。パソコンだけではなく、携帯電話やスマートフォンの使用ルールをきちんと決め、年齢に合った教育を家庭で担っていくことが大切だと思います。